Skip to content

利長くん 謝罪会見 VOL.4 (建国立志編)

2009/02/14

でも、僕はがんばりたい。高岡開町401年目以降も。

そのために、ひこにゃんとも競演してきたんだから。そう思うと夜も眠れない日々が続きました。
1月24日のオバマ大統領就任式を夜通し観て、気づきました。

オバマ大統領はいいました。

“Change!  Yes we can!!”

と。
立山連邦という国を作ろう。僕が国を作って大統領になれば、僕の人気と地位は永遠になるに違いない。

立山連邦王国・国旗

立山連邦王国・国旗

そういうことで、ここに、立山連邦王国の建国を宣言します。

これが国旗です。雨晴海岸から見た立山連峰がモチーフです。

これがシンボルマークです。

手のかたちで、富山県と高岡市の場所をイメージしてます。

ここ(※親指以外の4本の指をまげたところ)が、立山連峰です。

立山連峰王国・シンボルマーク

立山連峰王国・シンボルマーク

ここに閣僚名簿がありますので、閣僚を発表します。

大統領は、僕、利長くん。これは絶対です。
ファーストレディは、百万石ちゃん。かわいいので、SPをつけます。室川くん。

あと、ここにいるのが閣僚のみなさんです。
この人たちは、高岡の社長さんや商工会議所や市役所などから集まっている人たちで、「高岡次世代経営塾」というところで頑張っているメンバーです。どうぞよろしく。

まずは、大統領就任に伴い、僕の理念を申し上げます。

僕の理念は、「あっかりズム」です。

「あっかりズム」って、はじめて聞くでしょ。「あっかりズム」の「あっかり」は、富山弁で「ほっとする」という意味です。みんなは、富山のことどれくらい知っているかしらないけど、富山って、朝、3000m級の立山連峰の山頂でご来光を見て、その日のお昼には海水浴ができるくらい自然が身近で、その分、水もおいしいし、米や野菜、魚など、何を食べても安くておいしいんだ。

そんな田舎だと仕事に行くのもたいへんだと思うけど、すぐ近くに世界の最先端のものづくりの工場がいっぱいあるから、仕事と家庭と自然がゆったりした時間の中で共存しているんだ。

東京って、便利でお金もいっぱいあるけど、その分、お金でしか時間も自然も買えないって感じがします。

みんな富山に来て、人間らしいくらしを送ろうよ。これから、富山に来たくなるいろんなプランを発表するよ。それは、これからのお楽しみ。

これからは、利長くんと立山連邦王国をよろしくお願いします。

広告

From → News, video

16件のコメント
  1. 風の旅人 permalink

    立山連邦王国ができたとのニュースで知りました。漢字の誤植なのか変換間違いなのかはさておいて、利長くんというゆるキャラが大統領となっていましたが王国(王政)に大統領は矛盾します。大統領は共和制において王政での国王に相当する立場です。
    自らの間違いを反省せずに開き直った考え方で始まったこのコンセプトに恥の上塗りになります。基本的なことをきちんと調べないで思いつきで進めるとこのようになってしまいます。

  2. 永姫 permalink

    茶目っ気たっぷり、
    若者ならではの楽しい企画、
    今後も期待しております!
    掛け声としては、
    「よっ、国王!」より「よっ、大統領!」のほうが
    通りは宜しいかと。;-)

  3. Allora permalink

    立山連邦。ひょうたんから駒といったところでしょうが、なかなかいいアイデアだと思います。私めも富山生まれ(滑川市ですが)立山連邦の大いなる発展を期待してます。
    一つお願いするならば、私め車いす生活者なので、障害者も観光に出かけやすい、バリアフリーの優しい国にしてほしいものです。

    蛇足ながら、会見VOL3で、未曾有(みぞう)を‘みぞゆう’と読んでおられるように聞こえましたが^^

  4. 裕仁 permalink

    王国なのに大統領とは、教養のなさ丸出しですな

  5. 早く憲法の制定を求めます。

    王国なのに大統領とは云何、という突っ込みナイス!

  6. 国民 permalink

    こういうアイディアは素晴らしい。面白半分で企画にしちゃうのが素晴らしいね。連邦が続くよう頑張ってアイディアを続けて出して欲しい。

  7. 滝桜 permalink

    立山連邦、おめでとうさんどす。ミスプリを逆手にとる発想に拍手!!もったいない精神からしてもDO YOU KYOTO?(環境にいい事してる?の意味)でよろしおすなぁ〜(^_^)
    富山は風の盆で年に一度ぐらいしか行かれしまへんけど、携帯で気楽に見れるとなんや楽しみが増えてうれしぃわぁ〜。益々繁盛しはりますよう、おきばりやす〜(^O^) 京都から陰ながら応援させてもらいますぇ〜
    (そやけど立山連邦だけで王国はないほうがええかいなぁと…)

  8. shangrila permalink

    いやぁ、大統領のいる王国だっていいじゃないですか。
    だって前田利長はお殿様だったんでしょ?
    いま風に言えば王様!じゃないですか。
    え?王国なの?大統領なのに??
    というツッコミで益々サイトが盛り上がるよう最初から計算づくなんですよ。
    憎いなぁ、大統領!

  9. 国民です permalink

    建国おめでとうございます。高岡在住の国民です。
    連邦も王国もあり!です。王様も大統領もあり!です。
    楽しい発想に拍手!!!仮想国をあっか~りと、楽しみましょう!

    ちなみに利長くんは、小5の娘もお気に入り。
    昨年、公民館まつりに来られて、子どもたちは大喜びでした。
    どんどん、いろんなイベントに来てくださいね、大統領!!

  10.  karakarpakstan permalink

    では、私たちも独立運動をはじめたいと思います。一緒に国連加盟まで頑張りましょう
    日本政府に告ぐ。アイヌ人に、ウィルタ人に、ニヴフ人に自治権を与えてください。
    私たちは全国でも知名度、地域面からして0%に近いのです。そのため、私たちに独立をといっても納得が現時点ではいかないかもしれません。むしろ、日本に同化され、言語や文化を奪われた彼らなら納得がいくはずです。日本政府には独立を否定したり弾圧したりする権利はないはずです。もしそのようなことがあれば中華人民共和国やロシアが、民族自決に伴い独立しようとした国に軍事介入し弾圧したことと同じことになるのです。東トルキスタンでは民族浄化が行われ、言語や文化を奪われているそうです。
    チベットでも同じことが起こっており、亡命している人が殺害されているのです。
    チェチェンでは宗教的観点から民族浄化が行われており、独立しようとしたときは
    報復をうけた。報復は報復しか生み出しません。日本に来てまで独立を訴える人もいる。なのに日本人はその希望を踏みいじっているのです。政府は独立を求める人が外人であれ耳を傾けなければならないはずです。国際関係がどうであれ、人に手をさしのべなければなりません。どうか助けてください。独立を望む人々を。

  11. 国民 permalink

    建国おめでとうございます。
    立山連邦王国は、住民登録のようなことは行っていないのでしょうか?
    もし行っているのでしたら、是非登録したいのですが。

  12. 平民 permalink

    王国に大統領はありえませんけど、連邦ならそもそも国王も大統領も変じゃ?

  13. あきら permalink

    立山連邦王国民です。憲法制定国民会議を作りませう。

    >王国なのに大統領とは
    ってつっこみが入ってブログが益々盛り上がるようにとの「計算」と思いますよ。

    多分「みぞうゆう」もそういうさりげない(?)仕掛けと思います。

    最後は「吉里吉里国」のように独立?!?

  14. 算数マン permalink

    王様(殿様)がいるのに連邦とは、UAE (アラブ首長国連邦)同様、近所の藩を巻き込んで利長(首長)国連邦となるのでしょう

  15. 立山連邦王国建国おめでとうございます。
    昔日糸魚川から北陸道を西へたどる時、冬の天空に常にきらめく白銀の尾根立山連峰[連邦}を美しく眺めました。すばらしいランドマークを国旗にいただく王国の限りなき発展を期待します。

    東京合衆国の一国民より

  16. Poccиянин permalink

    地域のためだけかい。地域の活性化だけやろ?目的は。独立したとか連邦王国だとか
    似非なこというとんだったら半端に独立せえへんで日本に経済もたよらんで独立せえや!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。